「コラム」解説!ソ・イングクの心境告白コメントを読み解く

2017.10.05


ソ・イングクは10月4日、ファンサイトに現在の心境を告白するコメントを掲載した。そのコメントの中で、ソ・イングクは心からファンに対して謝罪し、現在の心境を切々と語っていた。
心からの謝罪を表明

ソ・イングクは、3月28日に現役兵として入隊したのだが、足の骨軟骨病変のために除隊命令が出た。その後、再検査の末に兵役判定が5級に変更された。
5級というのは、戦時に軍の後方支援に回る役目をするのだが、事実上では兵役免除と見なされている。
こうした結果について、ソ・イングクが自分の足に故障があるのに放置していたという批判が起きていて、彼自身もその点は心苦しかったに違いない。
彼は長く沈黙していたが、ここにきて、心からの謝罪を込めたコメントを発表した。そのコメントの中から気になるところをピックアップして解説してみよう。
まず、ソ・イングクはこう言っている。
「軍隊に行こうという気持ちで、入隊を延期しても再検査申請はしませんでしたし、入隊時にどんな資料も持っていきませんでした」
つまりソ・イングクは、30歳まで入隊を延期できるという兵役法の規定に従って入隊延期を申請していたにもかかわらず、足の状態が良くなくても再検査の申請をしなかったというのだ。(ページ2に続く)