2PMテギョンの演技に没頭する情熱に、ドラマ「助けて」の現場も熱気に溢れる

2017.07.17

OCNの新オリジナルドラマ「助けて」に出演中のオク・テギョン(2PM)が、全身で護送車を止めようとしたり、「男の涙」を流すという様子が公開された。
テギョンはOCNの新しいオリジナルドラマ「助けて」で優しくて快活な性格を持っていたが、ずっとついてまわる「郡主の息子」という言葉のせいで問題児になってしまったハン・サンファン役を演じ、親友のウ・ドファン(ソク・ドンチョル)、イ・ダウィ(ジョンフン)、ハ・フェジョン(マンフィ) と特別な友情を分かち合うという情熱的な田舎物の4人組として熱演を繰り広げる。偶然ソウルから来たイム・サンミ(ソ・イェジ)を見て一目ぼれして変化と葛藤を経験し始める。

これと関連してテギョンは、危険を顧みないでどこかへ向かう護送車を全身で止めようとするなど究極の感情演技を披露した。さらに激しい感情とともに護送車の窓を拳で殴りながら切なさと怒りが入り混じった大粒の涙を流す様子を公開した。果たしてテギョンの怒りを爆発させた理由は何なのか、どんな事情でそれほどまでに悲痛な感情を吐き出したのかに関心が集められている。

最近行われた撮影でオク・テギョンは、悲痛な様子で誰かの名前を叫びながらあふれ出る熱い涙を隠せない様子などを公開した。心の奥深くから湧き出るテギョンの感情的な熱演にスタッフも、撮影現場の雰囲気も粛然としたという。特に劇中のハン・サンファン役に扮したテギョンは演技に没頭するあまり、監督のカットの声にもしばらくの間涙が止まらない様子を見せて現場を圧倒したという。

一方、テギョンはドラマ「助けて」で、前作の「キスして幽霊!~Bring it on, Ghost~」、「ラスト・チャンス!~愛と勝利のアッセンブリー~」などで見せた姿とは180度違った変身を試みる。えせ宗教によって危険にさらされた初恋の相手を救う強い男の魅力を精一杯爆発させる予定だ。
制作サイドは「劇中の人物になりきって演技するオク・テギョンの熱演で、現場がいつも熱気で溢れている。『助けて』で友情と義理をはたすオク・テギョンの演技の変身が視聴者たちを魅了すると確信している」として、「共感をプレゼントし、男らしさを披露するオク・テギョンの活躍を期待してほしい」と伝えた。