映画「盗聴」側、闘病中キム・ウビンの回復を待って制作再開へ… 「立場に変わりなし」

2017.07.06

映画「盗聴」側、闘病中キム・ウビンの回復を待って制作再開へ… 「立場に変わりなし」

韓国映画「盗聴」側が、闘病中の俳優キム・ウビンの回復を待って制作を再開させると明かした。

配給を担当するCJエンターテインメントは6日、「既存の立場に変わりなく、キム・ウビンの健康が回復するのを待っており、これが最優先だ」と伝えた。

また「チェ・ドンフン監督の立場も変わりはない。8月の撮影は難しい状況であり、スタッフの解散も自然な流れ」とした上で、「キム・ウビンの健康が回復した後、制作を再開させる予定」と説明した。


当初、同作品は俳優イ・ジョンジェ、キム・ウビン、キム・ウィソン、ヨム・ジョンアなど主演陣のキャスティングを終え、8月にクランクインする予定だった。しかし、キム・ウビンが去る5月、鼻咽頭がんを発表し闘病に入ったため、制作が延期されていた。

WOW!korea提供