「iKON」チャヌ、新曲MV撮影中に足首負傷…今週末の横浜公演は問題なし

2017.03.17

「iKON」チャヌ、新曲MV撮影中に足首負傷…今週末の横浜公演は問題なし

韓国アイドルグループ「iKON」メンバーのチャヌが17日、新曲MVの撮影中に足首を負傷した。

関係者によると、チャヌは3日間続いていた新曲のMV撮影の振付シーンで足をひねって足首を痛め、すぐに病院に搬送されて検査した結果、幸いにも骨に異常はなく、じん帯が少し伸びたとのことで、メンバーもひと安心しているという。

所属事務所のYGエンターテインメント側は「『iKON』チャヌが足首をひねってじん帯が伸びた。本人は大詰めに迫った撮影を終わらせると言い張ったが、何よりからだが優先だという判断で作業を中断した」とし、「幸い、今週末に予定された横浜アリーナでの公演は激しいダンスさえ自制すれば問題ないという医療陣からの所見をもらっている」と伝えた。


MVの撮影が延期になり、YGはすでにセッティングしておいた現場や装備、スタッフに数千万ウォン(およそ数百万円)の費用を甘受する方向にした。撮影を早く終わらせようとしてメンバーの体調に無理が起きるよりは、金銭的な損害のほうがましだと判断したのだ。

新曲準備の真っ最中の「iKON」は、準備はほぼ完了して出撃だけを待っている状態だという。

WOW!korea提供