“疲労骨折”「B.A.P」ヒムチャン、SNSで心境告白「心配させてごめんなさい。舞台に立ちたかった」

2017.03.15

韓国アイドルグループ「B.A.P」のメンバー、ヒムチャン(26)が疲労骨折の診断報道後、SNSを通して心境を明かした。

「B.A.P」ヒムチャンは15日、自身のInstagramに「久々の6人でのカムバックなのに。振り付けを変えたら平気です。私が(舞台に)立ちたいから立つと(事務所に)言いました。心配させてしまってごめんなさい」という文章を掲載した。

これを前にヒムチャンは去る14日、生放送MTV「THE SHOW」後に胸に痛みを感じ、すぐに病院を訪れた結果、疲労骨折との診断を受けた。


これに関して所属事務所TSエンターテインメントは15日、公式報道資料を通して「ヒムチャン本人の強い意志により、論議の末にヒムチャンがダンスを消化せずステージにのみ一緒に立てるよう調節しました」と伝えていた。

一方、「B.A.P」は去る7日、ニューアルバム「ROSE」を発表した。タイトル曲「WAKE ME UP」は中毒性のあるギターリーフと力強いシンセサウンドの調和が印象的な作品で、新しいものに向かって跳躍しようという現代人への特別なメッセージが込められた。

WoW!Korea提供