ナムグン・ミン&ソン・ジュンギ&パク・ボゴムと続く「ミュージックバンク」の先見の明

2017.03.03

「ミュージックバンク」には先見の明でもあるのか。スターの登竜門だとされている「ミュージックバンク」の歴代MCに、ナムグン・ミンも名前を連ねていた事実が再確認されて驚きをかもし出している。ナムグン・ミンからソン・ジュンギ、パク・ボゴムまでそれこそ華やかなラインナップだ。
ナムグン・ミンは現在KBS 2TVの水木ドラマ「キム課長」でピンハネ専門の課長キム・ソンリョン役を演じて活躍している。直接アイディアを出すほどの熱意あふれる演技で「キム課長」は視聴率18%を上回る良い成績を維持し、熱い人気と話題性を集めている。


昨年もSBS「リメンバー-息子の戦争」、「美女コン・シム」で悪役ナム・ギュマンと茶目っ気あふれるアン・ダンテのように180度異なる性格のキャラクターを完ぺきに消化し、演技力を実証したナムグン・ミンは、今年「キム課長」を通じて全盛期を迎え、水木ドラマの戦場でKBSの勝利を導いた。
彼の烈日はドラマだけで終わらなかった。スケジュール上の理由で先月24日の録画を最後に降板することになったKBS 2TVバラエティ番組「歌の戦い-勝負」でMCとして安定した司会を見せた。「ミュージックバンク」の15代目MCらしい活躍だと言うことができる。

(2ページにつづく)