ZE:Aヒョンシク、ドラマ「花郎」で愛のためにひたすら直進するキャラクターで好評

2017.01.11

人気アイドルグループZE:Aパク・ヒョンシクの後退のない愛がテレビの女性視聴者をときめかせた。
10日午後10時に放送されたKBS2の月火ドラマ「花郎(ファラン)」の8話では、アロ(Ara)に対して自身の心を率直に告白するサンメクジョン(ヒョンシク)の姿が描かれた。
この日サンメクジョンは、アロに「来るときに拾った」と言いながらプレゼントをした。また、アロの部屋を高価な絹と品物で飾ってアロを当惑させた。


続いてサンメクジョンからの贈り物が理解できないアロは、「これは、何の仕業ですか?」と尋ねるとサンメクジョンは、「プレゼントしたいから。きれいでいい物を君にプレゼントしたかったから。私が君を好きだから」と告白して視聴者の心までどきどきさせた。
ヒョンシクはこのように、顔のない王であるサンメクジョンを魅力的に描いている。特に優れたビジュアルと中低音の声でサンメクジョンの気難しさと優しさを同時に見せて連日好評を博している。