“性的暴行疑惑”歌手キム・ゴンモが誣告罪で訴えた一般女性、警察「不起訴」の意見示し検察送致

“性的暴行疑惑”歌手キム・ゴンモが誣告罪で訴えた一般女性、警察「不起訴」の意見示し検察送致

韓国警察は、歌手キム・ゴンモを性暴行容疑で告訴した後、誣告罪で訴えられた女性に対して「不起訴」の意見を示し検察に送致した。

8日、news1によるとソウル・カンナム(江南)警察署は名誉棄損と誣告容疑で告訴された女性を去る7日、不起訴の意見を示して検察に送致した。

警察関係者は「キム・ゴンモが誣告だと主張した部分で、特別な証拠を発見できなかった」とし、「性暴行容疑捜査を終えた女性青少年課の捜査資料、キム・ゴンモ側の反発証拠、女性側の陳述を総合的に判断し決定した」と説明した。

この女性は昨年12月、カン・ヨンソク弁護士とキム・セウィ元MBC記者が運営するYouTubeチャンネルで「2016年8月、ソウル市内の飲食店で歌手キム・ゴンモより性暴行を受けた」と主張し、キム・ゴンモを訴えた。

これに対し、キム・ゴンモは女性を名誉棄損と誣告容疑で訴えた。これに、警察はことし3月、キム・ゴンモに対して起訴を求める意見を付けて検察に送致した。

WOW!korea提供

  • 歌手キム・ゴンモ、被害主張女性への名誉毀損の告訴取り下げ
  • 【公式】“起訴送致”歌手キム・ゴンモ側、「無罪潔白の主張変わらない、結果を待つ」
  • 性的暴行疑惑の歌手キム・ゴンモ、検察に送致=捜査開始から108日
  • キム・ゴンモの妻チャン・ジヨン、キム・ヨンホ元記者を名誉毀損で告訴
  •  

    2020.07.08

    blank