【時代劇が面白い】悪行に手を染めた「朝鮮王朝五大悪女」とは誰か?(歴史人物編)

韓流時代劇を見ていて特に目立つのが悪女の存在だ。様々な大事件が起こったとき、その背後には恐ろしいほどの悪女が潜んでいた。その中でも特に名が知られた悪女は誰なのだろうか。

残りの2人とは?

朝鮮王朝の三大悪女と称されるのは、燕山君(ヨンサングン)の側室で浪費の末に国家財政を破綻させた張緑水(チャン・ノクス)、文定(ムンジョン)王后の手先として悪行に手を染めた鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)、一介の女官から王妃にまでなったが最後は自害に追い込まれた張禧嬪(チャン・ヒビン)の3人である。
そんな「三大悪女」以外にも、韓国時代劇にはゾロゾロと悪女たちが出てくる。
たとえば、『華政(ファジョン)』には、強烈な悪女が2人出てくる。
1人は金介屎(キム・ゲシ)だ。
彼女は、15代王・光海君(クァンヘグン)を支える女官として裏の仕事を一手に引き受けていた。その仕事とは、光海君の王位を安定させるために、彼の兄や弟を亡き者にすることであった。
しかし、最期はあまりに悲惨だった。光海君が1623年にクーデターで廃位になると、金介屎は斬首になってしまった。

もう1人は貴人(キイン)・趙(チョ)氏である。
彼女は、16代王・仁祖(インジョ)の側室となり、仲の悪かった世子夫婦を陰謀によって死に至らしめた。
まさに悪行のかぎりを尽くした悪女なのだが、後ろ楯の仁祖が世を去ったあとには自害に追い込まれている。
最期は自業自得だったとはいえ、金介屎と貴人・趙氏は「三大悪女」に劣らないほど存在が強烈だった。
よって、張緑水、鄭蘭貞、張禧嬪の3人に金介屎と貴人・趙氏を加えると「朝鮮王朝の五大悪女」と言うことができるだろう。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

コラム提供:チャレソ

http://chaleso.com/

 

2020.07.04

blank