「三食ごはん 漁村編5」イ・ソジン、チャ・スンウォン-ユ・へジン-ソン・ホジュンも認めた“魅力満点お坊ちゃま”...“あんな人間初めて”

「三食ごはん 漁村編5」でイ・ソジンが、“お坊ちゃま”のような魅力でチャ・スンウォン、ユ・へジン、ソン・ホジュンを魅了した。

3日放送されたtvNのバラエティー番組「三食ごはん 漁村編5」では、最後のゲストイ・ソジンが、チャ・スンウォン、ユ・へジン、ソン・ホジュンとちょっと変わったケミを見せて、チュックルド(竹窟島)での最後の一日を過ごす様子が描かれた。

ユ・ヘジンはイ・ソジンに漁村らしい食事を提供するために釣りに集中した。 だが、イ・ソジンはずっとユ・ヘジンの釣りの実力を疑った。 そして、「ああいう無駄な愛情がとても不便だ」と話して爆笑させた。

ユ・ヘジンは刺身の材料は得られなかったが、メウンタン(魚、または魚のあらでダシをとった辛い鍋料理)の材料として使えるカサゴを釣って帰ってきた。 これで夕食のメニューはカサゴのメウンタン、チェユッポックム(豚肉の甘辛炒め)に決定した。

着実にゲストとして自らの役割を果たしたイ・ソジンも、立ち上がって燃料を入れて火をつけるのを手伝った。 ソン・ホジュンが作った雑穀ご飯も完成した。 イ・ソジンは、食べたかったチェユッポックムを食べて満足感を表わした。

竹窟島での最後の夜が明けた。 チャ・スンウォンは牛肉と大根のスープ、目玉焼き、キムチ炒めを素早く作った。 イ・ソジンは全く関与しなかった。 かえって身だしなみを整えて登場した。 これに対しチャ・スンウォンは、「あんな人間初めて見る。 でも憎くない」と、話した。

チャ・スンウォンが作った牛肉と大根のスープの味は最高だった。 イ・ソジンは「スープはやっぱり大根のスープだ。 一番好きだ」という評と共に嵐のようなモクパンを広げた。 イ・ソジンは製作スタッフにも、スープを食べてみろと薦めた。 まるで自身が作ったように話すイ・ソジンの姿に、ナPDはあきれかえった。

また、陸地での食事をかけてバドミントン対決が繰り広げられた。 勝利はチャ・スンウォン、ユ・ヘジンが手にした。 イ・ソジンは小学校の時にバドミントン部だったというが、恥ずかしい程実力がなかった。 結局、ソン・ホジュンは「僕だけが大変なのかと思った」と不満をもらした。

最後の晩餐はペクスク(鶏の煮込み料理)だった。 バドミントンをする前から煮込み始めたペクスクは、スープが格別だった。 チャ・スンウォンが作った手製の酢醤油ソースまで加えたペクスクは、みんなの食欲をそそった。

最後にイ・ソジンは、ホストでなくゲストとして「三食ごはん」に出演した所感を語った。 イ・ソジンは、まずベストメニューで牛肉と大根のスープを挙げた。 引き続き「ホストよりはゲストがいいね。 何も一生懸命にやらなくていいし。 言葉どおりお客さんではないか」と、最後まで“お坊ちゃま”らしい面を見せて面白みを加えた。

 

  • 「バラコラ」「三食ごはん 漁村編5」、“ラスボス”イ・ソジンがゲストで登場! 何もしないはずが火起こしに皿洗いまで!
  • 「三食ごはん 漁村編5」イ・ソジン“本来ゲストは仕事しない”…チャ・スンウォンを当惑させた7年目の貫禄
  • 「三食ごはん 漁村編5」チャ・スンウォン、海に出て行ったユ・ヘジンに申し訳ない心…“釣りは負担だと思う”
  • チャ・スンウォン、「三食ごはん 漁村編5」で見せる“親切さと配慮”の後輩思いの姿に注目度アップ
  • 2020.07.04

    blank