「コラム」パク・ソジュン主演の『梨泰院クラス』はいかに難敵に挑んだか

写真=JTBC『梨泰院クラス』公式サイトより

『梨泰院クラス』は、パク・ソジュンが扮するパク・セロイが、チャンガ・グループのチャン・デヒ会長に立ち向かうところがメインのストーリーになっている。パク・セロイにとってチャン・デヒ会長は、ぜひとも倒さなければならない相手だ。

仲間がいたから

『梨泰院クラス』の主人公になっているのがパク・セロイだ。
この男は熱い。すごいエネルギーを持っている。
生きる原動力になっているのが復讐心だ。
自分からすべてのものを奪い取ったチャン・デヒ会長に、屈辱の辛さを思い知らせなければならない。
だが、チャン・デヒ会長はとてつもなく難敵だ。恐ろしく手ごわい。とはいえ、ひるむようなパク・セロイではない。
しかも、相手が強ければ強いほど、立ち向かうパク・セロイにもパワーが備わっていた。日々、凄い勢いで成長を続ける彼は、梨泰院の仲間たちとともに大きな野望に向かって突き進む。
それは、チャンガ・グループに勝って外食産業でナンバーワンになることだった。
とてつもない目標だ。

果たして、それは可能なのか。
もちろん、パク・セロイには勝算があった。特に、マネージャーになっていたチョ・イソの才能が抜きんでていた。彼女と一緒にやっていければ、チャンガ・グループに勝てるとパク・セロイは考えていた。
しかも、彼には投資で助けてくれる同期生がいたし、料理人として飛躍的に成長した仲間がいた。
ブレーンは揃った。そこから反撃に転じたパク・セロイのチャレンジが本当に見ごたえがあった。

文=「ヨブル」編集部

コラム提供:ヨブル
http://yoble.jp/

 

2020.07.03

blank