Big Hit&BTS(防弾少年団)の"グローバル成功"、ハーバードMBAも注目「驚くべき偉業」

Big Hitエンターテインメント(以下、Big Hit)と人気グループBTS(防弾少年団)のグローバル成功事例を分析したハーバード大学の経営大学院のレポートが発表された。

6月26日(現地時間)、ハーバード大学の経営大学院のアニータ・エルバース教授チームは、Big HitとBTSの成功要因を分析したケーススタディをアメリカの経営学誌「ハーバード・ビジネス・レビュー(Harvard Business Review)」に公開した。

「Big HitとブロックバスターバンドBTS:全世界に羽ばたくK-POP(Big Hit Entertainment and Blockbuster Band BTS:K-Pop Goes Global)」というタイトルの今回のケーススタディは、BTSを「全世界の数百万人のファンから支持を得た真のスーパースター」「アメリカ市場を含め全世界で類を見ない成功を収めた20代の男性7人バンド」と紹介し、「曲の大部分が韓国語という点で驚くべき業績」と分析した。

22ページ分量の報告書の研究者は、BTSの成功とそれを支えるたBig Hitの事例をもとに「K-POPスーパースターを作る方法」にスポットを当て、Big HitとBTSの初期から現在までの歴史を説明した。特に研究チームは、Big Hitがアーティストを育てるトレーニングシステムと果敢な投資決定プロセスに注目した。

研究チームは、パン・シヒョク代表をはじめとするBig Hitの関係者のインタビュー内容を引用し、「Big Hitのトレーニングプログラムはまるで大学の授業のような形であり、個々の練習生と議論しながら最適のスケジュールを探す」とし、「自律性を尊重し、システムの効率性というバランスの間で最適な方法を見つけるために努力している」と紹介した。また、「どんな音楽が好きなのか、作りたい音楽をどうやったら作ることができるのかを教育するため、音楽鑑賞過程もトレーニングプログラムに含まれている」と説明した。

また研究チームは、BTSの成功をアニータ・エルバース教授の「ブロックバスター法則」と分析し説明している。この他にも「アーティストの意思決定権を尊重」するBig Hitの契約形態と、「他のジャンルよりもはるかに関与度が高く、熱心なK-POPファン」も紹介した。

今回のケーススタディは、昨年8月に研究者がソウルを訪問したことから始まり、アニータ・エルバース教授の次学期の講義の教材として使われる予定だ。

 

【トピック】「BTS(防弾少年団)」がモデルの七星サイダー、青みかん&ピーチ味のBTSスペシャルエディション発売

・BTS(防弾少年団)、アイスクリームの広告モデルになった…最近撮影終了

BTS(防弾少年団)「Stay Gold」、「ビルボードデジタルソングチャート」で6位に!

・「BTS(防弾少年団)」ジョングク、Googleの「2020上半期 最多検索K-POPアイドル」に

2020.07.02

blank