4人編成になった「AB6IX」、ジコ(ZICO)のプロデュースでより“VIVID”になった「THE ANSWER」

韓国男性グループ「AB6IX」が4人編成になり、ジコ(ZICO)のプロデュースでより“VIVID”になった。

「AB6IX」は29日、各種音楽サイトで2nd EP「VIVID」を発表した。昨年10月に発表した「6IXENSE」から約8か月ぶりのカムバックだ。

「AB6IX」だけのカラーと雰囲気で「ファンとひとつになって、世界をより鮮明で濃く色づけていく」という意志を込めたアルバム「VIVID」は、デビューEP「B:COMPLETE」とフルアルバム「6IXENSE」で定義され完成した「AB6IX」だけのカラーを、言葉どおりより“VIVID”に見せられるハイクオリティな音楽でいっぱいだ。

「AB6IX」は今回のアルバムでもヒップホップ、シンスポップ、ファンクポップ、エレクトロポップ、R&Bポップ、ディープハウス等、様々なジャンルの音楽を完璧に表現し、より深まった自分たちの色を加えて、無限の成長の可能性を改めて証明することに成功した。

(2ページに続く)

・「AB6IX」 、今日「VIVID」でカムバック…ショーケースで新曲舞台初披露

・<トレンドブログ>「AB6IX」パク・ウジン、唇差し出してかわいい愛嬌…“ABNEWもう400日”

・“カムバックD-4”「AB6IX」、ニューアルバム「VIVID」プレビュー映像公開!

・「PHOTO(AB6IX)」(5日目)オンラインKカルチャーフェスティバル『KCON:TACT 2020 SUMMER』

2020.06.29

blank