<WKコラム>ついに始まった「I-LAND」、初回放送の反応は?そして注目の練習生は?

「BTS」が所属するBig Hitエンターテインメント(以下、Big Hit)と韓国最大のエンターテインメント企業であるCJ ENMが、次世代グローバルK-POPアーティストを選抜する大型オーディション番組「I-LAND」がついに6月26日(金)スタートした。

韓国ではtvNとMnetで同時放送され、初回の視聴率はtvNが1.3%、Mnetが0.4%(ニールセンコリア調べ)。MnetとBig Hitの公式YouTubeチャンネルでも生配信され、同時アクセス数が最高で約20万人を記録。ABEMA SPECIALチャンネルで同時生配信された日本をはじめ、タイ、マレーシア、インドネシアなどでは「I-LAND」がツイッターのトレンドにランクインするなど、いかに世界的に注目されているのかが分かる。

初回放送では、自然の中に佇む巨大な複合空間“I-LAND”に集まった参加者23人の“入場テスト”の模様が公開された。

この“I-LAND”には団体・個人の練習室、レコーディングスタジオ、フィットネスセンター、さらには住居空間、生活に必要なもの全てが揃うアイテムルームなどが完備され、デビューを目指す練習生にとって最高の環境だが、入れるのは12人。

その12人を決めるのは、プロデューサーを務めるパン・シヒョク代表、Rain(ピ)、ZICOでも、視聴者でもなく、練習生たち自身だ。

順番にステージでパフォーマンスを披露した練習生に対し、残りの22人が“挙手制”で投票する形式。過半数以上の手が挙がったら、“I-LAND”に入る資格が得られるというもの。彼らはほぼ初対面なのに、いきなりお互いを評価し合う。しかも、誰が手を挙げたかが分かるオープン空間での投票なので、お互いに顔色をうかがう姿が何度も見られた。

(2ページに続く)

・“BTS効果?”…「I-LAND」初放送、CJ ENM-Big Hitチャネル“同時アクセス20万”爆発

・Mnet&BigHitによるオーディション番組「I-LAND」が始動、自ら合否を選ぶシステムに16人の志願者が早くも岐路に

・「I-LAND」Rain(ピ)、「パン・シヒョクは怖い存在…高校の時オーディションを受けた」

・今日スタート!CJ ENM×BigHit共同プロジェクト「I-LAND」KTのモバイル動画サービス(OTT)、放送直後未公開ビハインド映像独占公開!

2020.06.28

blank