【時代劇が面白い】トンイと張禧嬪のライバル物語1「最初のエピソード」

「トンイ」とはイ・ビョンフン監督が演出したドラマ『トンイ』の主人公の名で、歴史的には淑嬪(スクピン)・崔(チェ)氏のことです。彼女は張禧嬪(チャン・ヒビン)と激しい敵対関係にありました。これから5回にわたって2人のライバル物語を語っていきます。

 

絶世の美女と言われた張禧嬪
19代王・粛宗(スクチョン)が張禧嬪に出会ったのは1680年だった、と言われています。張禧嬪は通訳官の親戚というコネで王宮に入ってきた女官でした。絶世の美女だったそうですから、艶福家の粛宗は一目で気に入りました。
王が女官を気に入って一晩共にすることを承恩(スンウン)と言います。張禧嬪も承恩を受けました。しかし、すぐに側室になれるわけではありません。側室というのは、王妃候補だった女性から選ばれる場合が多いのです。つまり、王妃選抜の過程で洩れた女性が側室になるというわけです。

張禧嬪が正式に側室の品階を得たのは1686年頃なので、粛宗と出会ってから6年くらいかかっています。もし、張禧嬪が粛宗の息子を早く産んでいればすぐ側室になれたのでしょうが……。
(ページ2に続く)

トンイが王子を産んでから後継者争いが激しくなった!

『トンイ』の主人公の淑嬪・崔氏(スクピン・チェシ)とは?

西人派と南人派の争いの中でトンイはどんな役割を果たしたか

トンイは王宮の裏でどのように暗躍したのか

トンイはなぜチャン・ヒビンの死後に粛宗から冷遇されたのか

2020.06.23

blank