<韓国ドラマNOW>「ザ・キング:永遠の君主」14話、イ・ミンホは26年の時間を待つことに

<韓国ドラマNOW>「ザ・キング:永遠の君主」14話、イ・ミンホは26年の時間を待つことに

※あらすじ、ネタバレの内容が含まれています。

5日深夜に放送されたドラマ「ザ・キング:永遠の君主」14回では大韓帝国の皇帝イ・ゴン(イ・ミンホ扮)が、2020年のチョン・テウル(ギム・ゴウン扮)に再会するために時間旅行者となった。

大韓民国のホテル。チョン・テウルのふりをしたルナ(キム・ゴウン扮)がお酒に薬を入れ、大韓帝国の皇帝イ・ゴンは気を失って倒れた。ルナは鞭の中の万波息笛の半分を見つけようとした。しかし、警護隊長チョ・ヨン(ウ・ドファン扮)がホテルに戻り、ルナは失敗し急いで逃げた。

チョン・テウルの助けで大韓民国の病院で意識を戻したイ・ゴン。26年前、自分を救ったのはチョン・テウルではなく、自分自身であったことに気づいたことを話した。また「今日のようだ。謀反の夜に聞いた笛の音が聞こえ始めた」と述べた。イ・ゴンはチョ・ヨンに、すぐに次元の扉を越えるから、自分の代わりにチョン・テウルに挨拶してくれと頼んだ。

皇帝イ・ゴンと逆賊イ・リム(イ・ジョンジン扮)は同時に次元の扉を越えた。その瞬間、また一つになった万波息笛により、「空間」軸だけでなく「時間」軸も同時に生じ、二人は、自分自身を救うために26年前の謀反の夜に移動した。

謀反の直前、2020年のイ・リムは1994年のイ・リムを尋ねた。2020年イ・リムは「私はお前だ。 2020年から来たお前だ」と述べ、1994年イ・リムは別の世界があることを目の前にして、伝説で聞いた万波息笛の力を確認した。

2020年イ・リムは、8歳の太子であるイ・ゴンを殺し、完全な万波息笛を手に入れるよう1994年イ・リムに助言した。しかし、1994年イ・リムは「年齢を重ねてもまだ愚かな君!イ・リム、謀反は私がやる。お前ではなく。完全な万波息笛は私の物」と2020年イ・リムの首を切った。

その時、皇帝イ・ゴンも1994年の謀反の夜に戻っていた。イ・リムの部下と銃撃戦を繰り広げ、8歳の太子だった過去の自分自身を救った。逃げるイ・リムを追跡したが、失敗した。イ・ゴンは再び現在の2020年に戻ろうとしたが、次元の扉を何回も越えても、時間は1994年から中々進まない。

(2ページに続く)

 

  • イ・ミンホ×キム・ゴウン、平行世界の均衡と運命的な愛は守れるか…「ザ・キング」
  • イ・ミンホ、追跡中の危機、公衆電話のブースで緊急通話…相手は?「ザ・キング」
  • イ・ミンホ、 渾身の力を注いだイ・ゴン…クライマックスに向かって光を放つ「ザ・キング」
  • 【トピック】イ・ミンホ&キム・ゴウン出演ドラマ「ザ・キング」、8か月間の撮影終了
  • 2020.06.06

    blank