SHINee ジョンヒョン初のソロ、SHINeeテミン、SUPER JUNIORキュヒョンのように成功なるか!?

2015.01.02

201501021004773490_54a5eeb0d67a1
グループSHINee のジョンヒョンが今年のSMの最初のカムバックランナーに出た。
昨年ソロ活動を成功に導いたメンバーテミンとSUPER JUNIORのキュヒョンに続いて、ジョンヒョンもソロランナーとして成功できるのか関心が集められる。

ジョンヒョンは1日初のイメージティーザーを公開し、来る12日最初のミニアルバム「ベース(BASE)」を発売するニュースを発表した。

今回のアルバムは、ジョンヒョンがSHINee でデビューしてから、約6年半ぶりにソロ活動に乗り出す。
ジョンヒョンは、これまでSHINee のメンバーとして様々な音楽を担当してきた。SHINee がこれまでパワフルなパフォーマンスと新しい音楽スタイルで注目されてきたように、ジョンヒョンがソロアルバムでどのような姿を見せるのか注目される。

ジョンヒョンはSHINee の中で魅力的な声と優れた歌唱力を誇るただけでなく、ドラマのOSTとSMからのバラードプロジェクトを通してバラード歌手としての実力も認められた。

また歌手IUの曲「憂鬱時計」を作詞、作曲したのはもちろん、SHINee の「ジュリエット」、「いつもその場に」、「スポイラー」、「あなたと私の距離」などの作詞を直接しながらシンガーソングライターとしての才能も披露してきた。
ソロアルバムを通じジョンヒョンのアーティストの姿と音楽性が浮き彫りになる。