『カインとアベル』のソ・ジソプ、目の演技で女心を“揺さぶる”

2009.03.05

 

 

ソ・ジソプがSBS水木ドラマ『{カインとアベル}』で悲しい眼差しの演技を披露し、女心を揺さぶっている。
ソ・ジソブ

[写真BOF]
ソ・ジソプはドラマの序盤で、記憶を失くす前は“かわいいチョイン”として、4話の放送分からは一層深い眼差しの演技で、“素晴らしい眼差し”という賞賛を受けた。

中国の砂漠で記憶を失い、空虚で恐れる気持ちをしまい強く生きるソ・ジソプは、4日の放送分では銃撃追撃シーンと収容所シーンで強い印象を与えた。
視聴者掲示板には「全てを失った一人の男の叫びが私の胸にも響くようだった」「シ・ジソプは目つきから違う。今回のドラマで俳優ソ・ジソプを見直した」「ソ・ジソプの取り付かれたような演技に我を忘れた」などの好評が、相次いで寄せられている。