「コラム」イ・ジュンギが『無法弁護士』で惚れ惚れする演技とアクションを見せる!

2018.06.13

 

俳優魂が全開
故郷に戻ったジェイは驚いてしまった。
写真スタジオを経営していた父親は多額の借金を抱えていて、大きなトラブルの渦中にあった。
そんな状況の中で、ジェイはサンピルと会った。
サンピルはジェイの能力を見込んで、自分の弁護士事務所の事務局長を依頼する。
ジェイはサンピルが気に入らないのだが、父親の借金を返すためにはそうせざるを得ない事情があり、結局は依頼を承諾する。

こうしてサンピルとジェイは2人で組んで、本格的な弁護活動に入っていった。
とにかく、第1話からスリリングな展開の連続だ。その中で、イ・ジュンギが縦横無尽の演技とアクションを見せている。
あるときはキレのいいアクションでヤクザに立ち向かい、あるときは卓越した法律の知識で問題を解決していく。
このように、サンピルは「拳」と「法」で顧客の勝利を獲得する風変わりな弁護士。こういう難しい役を演じるときのイ・ジュンギは俳優魂が全開となる。(ページ3に続く)