”性スキャンダル”キム・ギドク監督、離婚訴訟中と報道… 「家族が受けた衝撃、大きかった」

2018.06.11

”性スキャンダル”キム・ギドク監督、離婚訴訟中と報道… 「家族が受けた衝撃、大きかった」

性スキャンダルの主人公となってしまった韓国映画界の巨匠、キム・ギドク監督(57)が離婚訴訟の手続きを進めていることがわかった。

キム・ギドク監督は、先ごろ発覚した性スキャンダルが原因で、離婚訴訟を進行しているという。

キム・ギドク監督は浮上した性スキャンダルで、すべての活動を中断した。映画「メビウス」の撮影中、演技指導を理由に女優Aさんの頬を殴るなど暴力を加え、ベッドシーンを強要した容疑で訴えられた。また、文化・芸能界に巻き起こった「Me Too運動」では、性暴力に加担した”加害者”として名指しされた。

特に、去る3月には番組「PD手帳」が「映画監督キム・ギドク監督、巨匠の本性」として、キム・ギドク監督の性暴力と関連した事件を生々しく明かし、より波紋を広げることとなった。

(2ページに続く)

・“性暴行疑惑”キム・ギドク監督、被害を主張する女性と報道番組を逆告訴

・“キム・ギドク キッズ”チョン・ジェホン監督、男性の裸体隠し撮りで起訴されていた…容疑否認

・【公式】韓国警察、キム・ギドク監督&俳優チョ・ジェヒョンの性的暴行疑惑を内部調査中「被害者に接触」

・“巨匠”キム・ギドク監督、女優に続き女性スタッフにも性的暴行か…妊娠・中絶との証言も