「インタビュー」「君を守りたい~SAVE ME~」DVDリリースを記念して、ウ・ドファンよりオフィシャルインタビューが到着!

2018.06.01

NBCユニバーサル・エンターテイメントではアジアトップアイドル“2PM”テギョンの、兵役入隊前最後の主演作「君を守りたい〜SAVE ME〜」のDVDを好評リリース中です。
このたびDVDリリースを記念して、本作でテギョン(2PM)に次ぐ第2の主人公を演じたウ・ドファンのオフィシャルインタビューが到着!
本作でウ・ドファンはテギョンとは真逆のダークな持ち味を生かして、物語の後半に大活躍! 撮影時のエピソードなどたっぷり語っています。

演じた役柄を教えて下さい。
ウ・ドファン:ドラマ「君を守りたい~SAVE ME~」で、ソク・ドンチョル役を演じるウ・ドファンです。間違ったことが嫌いで負けん気が強く、正義感にあふれた人物です。

オーディションを受けて選ばれたそうですが、出演が決定した時の感想を教えてください。
ウ・ドファン:オーディションの準備をしている頃から、ドンチョルというキャラクターに惹かれ、ぜひ演じてみたいと思っていました。そしてオーディションの後、出演できるという知らせを受けた時は、本当にうれしかったです。今までオーディションは何回も受けてきましたが、その中でもやりたいと強く感じた役に選ばれたので、この作品に参加できることを本当に感謝しています。

ドンチョルというキャラクターの魅力について教えてください。
ウ・ドファン:何かをやる時にあれこれ考えず、衝動的に行動することが多いキャラクターです。体が先に動くスタイルですね。とても男らしい人物です。自分が正しいと思ったことには後先考えずに飛び込んでいきます。また情に厚い一面もあり、一緒に暮らす祖母や大切な友人、愛する女性のためなら自分の犠牲はいといません。

ドンチョルとドファンさんとのシンクロ率はどのくらいですか?
ウ・ドファン:ドンチョルとのシンクロ率は半分以上だと思います。僕も義理人情に厚いところがあるし、誰かを好きになった時、ストレートに突き進むところは似ていると思います。

演じるにあたって事前に準備したことは?
ウ・ドファン:約2カ月間、方言の練習をしました。一度も使ったことのないイントネーションだったので、たくさん練習しました。撮影開始後も、いつも方言指導の先生やその地域の人に尋ねたりして、現場でもいつも台本を見て、確認していました。

ドンチョルを演じるうえで、特に気をつけたことや努力した点はありますか?
ウ・ドファン:孤独を表現したいと思いました。愛する人たちに裏切られたと感じて、この世で独りぼっちになったような彼の気持ちを表現したかったんです。

それはうまくできたと思いますか?
ウ・ドファン:自分の口からは言いにくいですね(笑)。できる限りの努力はしました。

孤独を表現したいと思った理由は?
ウ・ドファン:ドラマでは、登場するキャラクターそれぞれに、担うべき感情があります。その点でドンチョルは……20歳の青年の寂しさを抱えながらも、克服し、時間の流れを経てまた人を信じるようになる、そういうパワーを伝える役だと思いました。そのためにはまず最初に、彼の「孤独」を表現する必要がありました。
(2ページにつづく)