「インタビュー」イ・スンギ「軍隊から帰って来てエネルギーが溢れています」

2018.05.31

写真=CJ E&M MUSIC

 

軍除隊と同時に“大活躍”中のイ・スンギ。tvNドラマ「花遊記」を皮切りにSBSバラエティ番組「イ・スンギのチプサブイルチェ~師匠に弟子入り」出演から映画「相性」の公開まで。様々な分野を飛び越え、寝る時間も惜しんで忙しい日々を送っているが、表情は明るかった。彼は「軍隊に行ってきてから、自信がつきました。何にでもぶつかってみたいです」と話した。

Q.軍除隊と同時に多方面で活動していますが、元々計画されていたのですか?

イ・スンギ:除隊する時に「飽きるまでお見せしたい」と話したのですが、ここまで忙しいとは思いませんでした。ドラマで復帰して「少しずつお見せしよう」と思っていたけれど、バラエティ番組と映画の公開時期が偶然にも重なってしまいました。こんなに一度に仕事が重なって「失敗したらどうしよう」と心配もしたけれど、幸い良い成果を得ることが出来てよかったです。

Q.一度に活動する上で懸念の声もありましたが?

イ・スンギ:知っています。ドラマ、バラエティ、映画すべてが懸念から始まりました。「花遊記」は放送後すぐに事故があったし「相性」は2年前に撮影したものなので、最近のトレンドについていけないのではないかと心配しました。「イ・スンギのチプサブイルチェ~師匠に弟子入り」もイ・サンユンさん、ヤン・セヒョンさん、BTOBのソンジェさんという意外な組み合わせが集まったため、懸念が多かったです。そんな中でもだんだん良くなっていく姿をお見せしようと努力しました。心配よりも自信を持とうとしましたね。

Q.軍除隊後に自信がついたのでしょうか?

イ・スンギ:特殊戦司令部で生活しながら、良いエネルギーをたくさんもらいました。いつも死と隣り合わせの危険な訓練をしていたので、肉体的にも精神的にも強くなったし、競争心も強くなりました。

Q.軍生活が芸能活動にもたくさん影響を与えましたか?

イ・スンギ:昔は外部の人々の視線や些細な言葉、環境などにとても影響されていました。自分に対する確信が足りなかったので、何をするにしても気をつかっていました。今は自分のはっきりとした考えを持っているので丈夫になった気がします。相手の期待に応えられなくても、また“チャンスがあるから”という風に考えるようになりました。

(2ページに続く)

・出国予定の俳優イ・スンギ、空港に姿みせず…ハプニング発生 「スタイリストとの情報伝達でミス」

・”万能ドル”ユク・ソンジェ(BTOB)、イ・スンギは「模範回答のような存在」

<トレンドブログ>イ・スンギ&スジ、5年ぶりのドラマ共演に期待

・「PHOTO@ソウル」俳優イ・スンギ、ファンサイン会に出席