ドラマ「スーツ」7話

2018.05.17

※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

16日に放送されたKBSドラマ「スーツ」7話では、ヨヌ(パク・ヒョンシク(ZE:A))の嘘がバレると同時にヨヌがガンソク(チャン・ドンゴン)の弱点に触れてしまう様子が描かれた。

ガンソクとヨヌは、ナムヨン会計法人のパン常務の解雇の件を引き受けることになり、ヨヌはパン常務の所へ行った。パン常務は学歴を詐称し、偽の卒業証書を作った容疑で会社から放出される直前だった。

パン常務は「私はこんな卒業証書を見たことがない」と悔しい気持ちを明かした。その後、ガンソクの所へ行ったヨヌは「単純に学歴詐称の問題ではなかった。一人の人生とその家族の未来を終わらせることもできる決定なのに、審査熟考しなければならないと思う。履歴書に虚偽の記載をしたのは事実だが、15年間、何の問題もなかったと言っていた。その上、偽の卒業証書のようなものは作ったこともないと言っていた」と言った。

しかしガンソクは「誰の許しを得てあの人に会いに行ったんだ?証拠があるのか?お前はただあの人を通じてお前を見ただけだ。お前自身の問題を投影させるなと言っただろ。この事件は俺が引き受ける」と感情に流されているヨヌをとがめた。(2ページに続く)