Wanna One、各自の魅力を生かしたユニットにチャレンジ...最強のラインナップ

2018.05.15

14日に放送されたMnet「Wanna One GO」では、11人のWanna Oneのメンバーが4チームのプロデューサーたちとタッグを組んでユニットにチャレンジする様子が描かれた。NELLとファン・ミンヒョン、ユン・ジソン、ハ・ジョンウン、Dynamic Duoとパク・ジフン、ペ・ジニョン、ライグァンリン、ジコとカン・ダニエル、キム・ジェファン、パク・ウジン、Heizeとオン・ソンウ、イ・デフィがユニットに決まった。

そうそうたるラインナップだ。音源成績、音楽性、大衆性をすべて考慮しても十分なプロデューサー軍団だ。Wanna OneとCJ E&M、YMCエンターテイメントは、昨年末からユニット結成を準備してきた。年初めに各メンバーの所属事務所の関係者が集まった会議でユニット活動を公式化し、「BOOMERANG」でのカムバック直前から本格的にユニットの準備を始めた。

これまでCJ E&Mは、たいへん有名な音楽性と実力を持ったプロデューサー候補を選んで弛まずコンタクトを取り、長い議論のあげく現在のプロデューサー軍団を立ててWanna Oneとのユニットプロジェクトを開始した。それとともに「Wanna One GO 3」を単純なリアリティーではなく音楽バラエティに一段階アップグレードして製作に突入した。

(2ページに続く)

・防弾少年団(BTS)ジミン、進路相談をよくしてくれそうなスター1位…2位 Wanna Oneファン・ミンヒョン、3位NU’EST W JR

・「Wanna One」、5月ボーイズグループブランド評判1位…2位「防弾少年団」、3位「EXO」

・「Wanna One」、初回放送「アイドルルーム」でバラエティセンス大放出

・Wanna One、牛肉を賭けた“ドニコニ”との勝負の行方は…?