映画「BURNING」ユ・アイン&チョン・ジョンソ&イ・チャンドン監督、緊張の面持ちでカンヌ映画祭へ出国

2018.05.15

映画「BURNING」ユ・アイン&チョン・ジョンソ&イ・チャンドン監督、緊張の面持ちでカンヌ映画祭へ出国

韓国映画「BURNING」の主演陣がフランス・カンヌに向かった。

「BURNING」のイ・チャンドン監督(63)、俳優ユ・アイン(31)、チョン・ジョンソ(23)は15日午後、第71回カンヌ国際映画祭出席のため仁川国際空港を通してフランスに出国した。スティーヴン・ユァン(34)は現在、米国に滞在しているため、カンヌで合流することになる。

イ・チャンドン監督8年ぶりの新作「BURNING」は流通会社のアルバイト、ジョンス(ユ・アイン)が幼馴染のヘミ(チョン・ジョンソ)に会い、彼女に正体不明の男ベン(スティーヴン・ユァン)を紹介されたことから起こるエピソードが描かれている。

今年のカンヌ映画祭コンペティション部門に招待された唯一の韓国映画であり、16日(現地時間)ルミエール劇場で開かれる公式上映を通し、世界の映画人の前でベールを脱ぐ。イ・チャンドン監督、ユ・アイン、スティーヴン・ユァン、チョン・ジョンソはフォトコールを皮切りに公式記者会見やレッドカーペット、上映会などのスケジュールを消化する予定だ。

 

WOW!korea提供

  • 映画「BURNING」出演のユ・アイン、イ・チャンドン監督らカンヌへ出発… 受賞なるか
  • 「PHOTO@仁川」俳優ユ・アイン、映画「バーニング」で「第71回カンヌ映画祭」出席のため韓国出国
  • 「PHOTO@ソウル」ユ・アイン、イ・チャンドン監督ら、映画「BURNING」記者会見に出席
  • 俳優ユ・アイン、主演映画「BURNING」は青少年が見るべき作品だと語る