「イベントレポ」ボイメン田中俊介さんの映画愛炸裂『名もなき野良犬の輪舞』トークイベントレポ!

2018.05.15

また、劇中のソル・ギョング演じるジェホと、イム・シワン演じるヒョンスの関係性については「共依存の部分があって、友情を超えた感情、いやそれ以上のものがあるんじゃないか。僕はこの作品すでに何回も観たのですが、一度目はそのスタイリッシュさに衝撃を受けて、2回目3回目と観ていくと、あぁこのときにこう考えていたんだってそういう視点で見ると楽しめるんです。ソル・ギョング目線でもイム・シワン目線でも。だから僕はこの作品は2回3回とみたほうが楽しめる作品だと思います。1回目はストーリーに集中してみて、2回目は監督のビジュアルへのこだわりも楽しめる。これまでの韓国ノワールってジトっとして灰色なイメージだけど、この作品では赤だったり原色が上手く使われていて、特に冒頭にでてくる、鮮やかな赤!さらに上からのアングル、いい表情のソル・ギョングとイム・シワン!いきなりいいシーンが出てきますからね」と映画好きならではの細かい分析も飛び出した。

結成して8年目のボイメンのメンバーとは結成当初は若さゆえのぶつかり合いもあったというが、「グループや夢への思いあってのぶつかりあいだったので、それがあったから生まれた友情や絆がある。家族のようなそれ以上のような繋がりがある」という田中さん。

近年は、映画への出演も相次ぎ、『恋のクレイジーロード』(名古屋先行公開中)、『ゼニガタ』(5/26公開)出演、さらには少女時代のスヨンとダブル主演を日韓合作『デッドエンドの思い出』が来年公開と映画界でのさらなる活躍が期待される。「そこから僕も韓国に、ソル・ギョングさんに近づきたいと思っています!」と再度ソル・ギョングとの共演をアピールしつつ「韓国ノワールはどれだけ進化するんだと驚いた作品ですので、その衝撃をぜひ味わって楽しい映画体験をしてください!」と熱く語り、終始、田中さんの映画愛が感じられるイベントとなりました。

(4ページに続く)

・「個別インタビュー」ソル・ギョング×イム・シワン共演「名もなき野良犬の輪舞」ビョン・ソンヒョン監督、「この作品のファンは90%以上が女性」その理由とは?

・「イベントレポ」第70回カンヌ映画祭特別招待作品『名もなき野良犬の輪舞(ロンド)』 名優ソル・ギョング×若手注目株イム・シワン共演の話題作「ハゲタカ」の真山仁が大絶賛! 「最後まで騙されない人はいない、万華鏡のような映画」

・ソル・ギョング主演のカンヌ話題作『名もなき野良犬の輪舞』予告・ポスター解禁!

・ソル・ギョング主演のカンヌ話題作『名もなき野良犬の輪舞』公開決定!