「イベントレポ」ボイメン田中俊介さんの映画愛炸裂『名もなき野良犬の輪舞』トークイベントレポ!

2018.05.15

「韓国ノワールは魅力的ですごく好きなのですが、本作は進化した今までにない韓国ノワールをみせてもらったという印象で、とにかく美しく、映像美へのこだわりも強く、色彩やカメラアングルが面白くて監督の遊び心も盛り込まれた作品でした。韓国(映画)どんどん進化していって日本ヤバいぞ、負けてられないぞと思えるくらい衝撃を受けました!」

さらに田中さんは昨年公開された『ダブルミンツ』に主演したときには、役作りで15~16Kg体重を落したそうで、「僕自身も作品に取り組む際に、上っ面な感じで取り組みたくないし、内面的なものも意識して自分の経験を引っ張り出して、それでどれだけ役に近づけるかということをやっていました。ソル・ギョングさんは、とにかく内側からの役作り、ビジュアルへのこだわりをどの作品でも徹底的にやられている。前作『殺人者の記憶法』のときなんてガリガリにやせていておじいちゃんみたいだったのに、本作ではスマートに演じられてさすがです!」と感嘆しきり。

一方、田中さんの同世代で、同じくアイドル出身の“演技ドル”であるイム・シワンの演技については「ソル・ギョングさんと同等か、食ってるんじゃないかと思えるほどのお芝居をしている、同世代として悔しくもあり、いつか僕もこのような作品で、韓国の作品だったり、さらに大きな夢ですけど、ソル・ギョングさんと共演できたらいいなぁ、なんてうらやましさも混じってみていました」と率直な思いを続けつつ「イム・シワンさんの表情が頭から中盤終盤と変わっていくんです。上映前なので話せないですが、ラストの表情、すばらしいんですよ!なんとも言えない表情で…これでイム・シワンさんのファンにならない人がいたらおかしいくらい魅力的で、そこにもぜひ注目してもらいたいです!」と熱いトークが止まらない。

(3ページに続く)

・「個別インタビュー」ソル・ギョング×イム・シワン共演「名もなき野良犬の輪舞」ビョン・ソンヒョン監督、「この作品のファンは90%以上が女性」その理由とは?

・「イベントレポ」第70回カンヌ映画祭特別招待作品『名もなき野良犬の輪舞(ロンド)』 名優ソル・ギョング×若手注目株イム・シワン共演の話題作「ハゲタカ」の真山仁が大絶賛! 「最後まで騙されない人はいない、万華鏡のような映画」

・ソル・ギョング主演のカンヌ話題作『名もなき野良犬の輪舞』予告・ポスター解禁!

・ソル・ギョング主演のカンヌ話題作『名もなき野良犬の輪舞』公開決定!