「コラム」韓国のビックリ/追記編1「老舗」

2018.05.15

 

親の意識の違い
アジュンマたちはこう言った。
「私はこの商売をやっていて、息子(あるいは娘)を外国に留学させたよ」
学歴偏重の韓国では、親はこぞって子供たちがいい大学を出てエリートになることを心から願う。
店を経営している人や職人にしても、「後を継がなくていい。それより必死に勉強していい大学に入ってエリートをめざせ」と口がすっぱくなるまで子供に言う。

そういう風潮があまりに強くて、韓国には創業が古い老舗がほとんどないし、職人の技術がなかなか子供に伝承されていかない。
日本では、「子供が家業を継ぐ」というと喜ぶ親が多いが、韓国は違うのである。
かつて私が韓国大使館の人と夕食をともにしたとき、日本語の達者な人が「老舗」の意味をわからなかったことに驚いた。それほど韓国の人には「老舗」に対して馴染みがないのかも。
かくして、韓国から来た友人は創業が古い老舗の看板を見てビックリしてしまったのである。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

コラム提供:ロコレ
http://syukakusha.com/

 

韓国に嫁に来た日本女性の本音は?

韓国で働く日本女性が強烈に実感することは?

韓国で暮らす日本女性が不満に思うことは?

韓国女性の生き方〔第1回〕