「インタビュー」キム・ソヒョン「大学生活は怖さ半分、ときめき半分」

2018.05.08

写真=E&T Story Entertainment

 

「キム・ソヒョンなら、その過程がどうであれ必ずよい女優、よい大人になるだろう」

2年前、キム・ソヒョンとのインタビューを整理しながら書いた文章だ。当時18歳だったキム・ソヒョンは「他人を大切にすることができる、温かい大人になりたい」と話していた。周りの人々を配慮し、彼らと調和する方法がわかり始めたと言いながら。

そして2年が過ぎた。20歳になってから初の作品であるKBS 2TV「ラジオロマンス」を終えたキム・ソヒョンに再会した。ドラマの中でラジオ作家のソン・グリム役を演じたキム・ソヒョンはデビュー後初めて、20代のキャラクターを演じた。

Highlightのユン・ドゥジュン(チ・スホ役)とのロマンスも披露した。作品性を視聴率だけで評価することはできないが、視聴率は残念なものだった。ドラマの中後半から、2~3%台の低調な視聴率を記録していた。これにはキム・ソヒョンも残念さを感じていたという。しかしそれは、人気への欲のためではない。見えない場所で苦労していたスタッフに良い視聴率で応えられなかったことが申し訳なかったからだという。彼女は「ラジオロマンス」を撮影し、限界を認め、代わりにその中で最善を尽くす方法を学んだと話した。

20歳になり「過渡期」を経験したというキム・ソヒョン。おかげで、子役ではない成人の演技者として、或いは一つの作品を率いる主演女優としての責任を果たすことを、受け入れるようになったと語った。このようにして彼女は大人になってきている。

Q.20歳になって最初の作品である「ラジオロマンス」を終えた感想はいかがですか?

キム・ソヒョン:寒い冬に撮影が始まり、3ヶ月間共にとても苦労しました。皆、疲れているのにも関わらず最後まで笑顔を忘れませんでした。明るく美しいドラマで20歳をスタートできてよかったです。よい思い出として残ると思います。

Q.本格的なロマンス演技に挑戦した感想はいかがですか?

キム・ソヒョン:まだ足りない部分が多かったです。お互いの気持ちを確認する前の、微妙なときめきを演技で表現するのが大変でした。監督にもたくさん怒られました。相手を本当に好きだという雰囲気が上手く表現されなくて(笑)。ロマンスを上手く表現できなくて残念です。

Q.相手役を演じたHighlightのユン・ドゥジュンさんとの息はどうでしたか?

キム・ソヒョン:だんだん親しくなったおかげで、後半には恥ずかしいシーンも楽に笑いながら撮影できました。スホを演じるのは、すごく大変だったと思います。ポーカーフェイスを維持しながら、自身のコンプレックスを表現しなければならなかったからです。見守る私も「あれをどうやって表現するんだろう? 」と思いました。でも撮影が始まって、ドゥジュンさんの目を見ていたら心苦しい感じがして、本当のスホみたいでした。どうやって演技するのか深く考える必要もなく、ドゥジュンさんの目を見ているだけで、スホの感情が理解できました。本当に心が痛くて、抱きしめて慰めてあげたくなりました。そんな気持ちになったのは初めてです。ドゥジュンさんの演技は素晴らしいと思いました。配慮もたくさんしてくださったので撮影期間中はずっと感謝してました。

(2ページに続く)

・<トレンドブログ>女優キム・ソヒョン、実生活での恋愛経験、キス経験はなし!ドラマ「ラジオロマンス」を振り返る!

・“次世代女優”キム・ソヒョン「好きなアイドルはRed Velvet&BLACKPINK、親しいのは…」

・「PHOTO@ソウル」Highlightドゥジュン、キム・ソヒョンら、ドラマ「ラジオロマンス」の打ち上げに出席

・「ラジオロマンス」Highlight ユン・ドゥジュン&キム・ソヒョン、ユン・バクに救われる