“韓国でも活躍”唐田えりか、東出昌大と主演した「寝ても覚めても」がカンヌ映画祭へ

2018.05.02

“韓国でも活躍”唐田えりか、東出昌大と主演した「寝ても覚めても」がカンヌ映画祭へ

韓国で活動の場を広げている日本の女優・唐田えりか(20)がデビュー作「寝ても覚めても(Asako I & II)」でカンヌのレッドカーペットを踏む。

映画「寝ても覚めても」は来る8日に開幕する第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に正式出品された。

「寝ても覚めても」は主人公の朝子が2年前に突然いなくなった恋人とそっくりだが性格が正反対の男性に会い、それから繰り広げられるストーリー。2015年、「ハッピーアワー」でロカルノ、ナント、シンガポールなど数々の国際映画祭で主要賞を受賞した濱口竜介監督が演出し、スリル感溢れる展開で観客に共感と衝撃を同時に抱かせる映画として注目を浴びている。唐田えりかは同作でヒロインの朝子を演じた。相手役は東出昌大(30)。

(2ページに続く)

・“注目の女優”唐田えりか、韓国で撮影したグラビア公開…清純な魅力に視線集中

・BHエンタ所属の唐田えりか、温かい感性の新画報公開

・【公式】唐田えりか、ナオル(Brown Eyed Soul)新曲MVの主人公に“圧倒的な清純美”

・唐田えりか、韓国活動を開始! イ・ビョンホンらの所属事務所と専属契約