「コラム」新大久保ブラリ散策日記(2018年4月20日)

2018.04.25

韓国料理店や韓流のグッズショップが立ち並ぶ新大久保。根強い人気を誇る韓流の影響で今でも多くの人が訪れる。そんな新大久保を一日ブラリと歩いてみた。さて、街の風景はどんなだっただろうか。

おいしい水冷麺
新大久保を訪れた4月20日は、春とはいってもとても暑かった。
まだお昼を食べていなかったこともあって、大久保通りでお店を探して食事をすることにした。
新大久保には多くの韓国料理店があるので、どのお店に入ろうか悩んでしまう。しかも、人気の飲食店はすぐに満席になってしまうので、お昼の時間帯は列に並んで待たなければいけなくなる。

そんな数あるお店の中で「でじにらんど」というお店に入った。店内に案内されると、周りの客たちはおいしそうにサムギョプサルなどを食べていた。しかし、さすがに1人で食べるのは辛いので水冷麺を注文する。
水冷麺の値段は780円だった。麺の食感がとてもよくて、スープもとてもおいしかった。暑い日に食べるのをオススメしたい料理である。
満足してお店を出ると、お昼を食べるより通りを歩いている人の数が増えていて圧倒されてしまった。(ページ2に続く)