「イベントレポ」ソン・シギョン全公演即完!初の全国SHOWCASE TOUR完走!

2018.04.20


©irving

2000年の韓国デビュー以降、ヒット曲を連発している“バラードの皇帝”であり “鼓膜彼氏”という絶妙なキャッチコピーで話題を集めているソン・シギョンが、4月7日(土)のZepp Nagoyaを皮切りに、大阪、福岡、広島、東京、仙台、札幌と全国7カ所を巡る、初のJapan 1st SHOWCASE TOURを行った。今回のツアーは全公演チケット即完売。超プレミア公演となった4月15日(日)にZepp Tokyoで行われた公演の模様をレポートする。

ソン・シギョン初の日本SHOWCASE TOURは、~春、君~というTOURタイトルにちなみ満開の桜の木を両サイドに配したステージで、2017年12月に発売した日本初アルバムのタイトル曲「Life is…」 からスタート。伸びやかな歌声にぴったりの美しく情緒的なメロディと、“未来への希望とエール”を込めた優しい歌詞を感情込めて歌うソン・シギョンの姿に、1曲目から感嘆の声が会場に溢れる。


©irving
1曲の歌声で観客をうっとりさせたと思いきや、一言話し出すと雰囲気が一変。開演に遅れてきた観客を“なんで遅れたんですか?オープニングでフライングしたのに、、、これから先は普通にしか歌わないです。見られなくて残念でしたね”といじるなど、日本語を本格的に学び始めて本当に1年位?と疑いたくなってしまうほどの日本語のボキャブラリーと、持ち前のトークセンス発揮。

今回の日本ツアーではソン・シギョン自身の新人歌手として頑張る!という宣言通り、7月4日発売の日本初シングルリリースイベント、各地でのラジオ出演や取材などのプロモーション活動も同時並行で行う超ハードスケジュール。“新幹線で移動しているだけなのに時差ボケ状態のように身体が疲れてしまいます。体が移動するぞ。疲れるぞ。と思ってしまうんでしょう”と、自虐的に話す場面も。
(2ページにつづく)

 

  • 歌手ソン・シギョン、コンサートチケット違法取引の根絶のために強硬対応を宣言
  • “バラードの皇帝” ソン・シギョン ビクター移籍第一弾シングル発売決定!
  • ”アラフォー”ソン・シギョン、結婚はもう手遅れ?「子どもと遊んであげる体力がない…」
  • 歌手ソン・シギョン、ハングルの先生として本格的な日本進出