「取材レポ」(13日)トリのWanna One、MOMOLANDら今旬のフレッシュなルーキーたちが熱狂のパフォーマンス!「KCON 2018 JAPAN×M COUNTDOWN」開催

2018.04.16

ハ・ソンウンが「日本のWannable(Wanna Oneのファン)と会えると思って、ワクワクしていました。愛してる~」とファンの声援に応えた後、Wanna Oneも企画コーナーへ。まずは、メンバーたちの101秒リレーインタビュー。

11人が全員、制限時間内に質問に答えられたら成功というもので、トップバッターのライ・グァンリンが自分の魅力的な表情3つを披露した後、パク・ジフンが「ネ マウムソゲ チョジャン(僕の心の中に保存)」のセクシーバージョンを、ペ・ジンヨンがエネジェティックなポーズを、カン・ダニエルが自分の体で自信があるところを見せるなど、それぞれが魅力を炸裂させ、わちゃわちゃしながらも時間内に成功させた。

さらに、WJSNと同様にパク・ジフン、オン・ソンウ、ファン・ミンヒョンが客席のファンと同じポーズを完成させて写真を撮り、客席にTシャツを投げ込むファンサービスも。

「Wannableの皆さんと一緒に遊べて、楽しかったです」というイ・デフィに続き、カン・ダニエルが「美しいWannableのために、次の曲をお届けします」と曲紹介し、しっとりしたバラード「Beautiful」を熱唱。さらに、出会いと別れの切なさを表現した歌詞が印象的な「君の名を」で、甘い歌声を聴かせたWanna One。カン・ダニエルは感極まった様子で、涙が頬を伝っていたが、客席でも涙を流し、じっくり噛みしめながら聴いているファンがあちこちに見られた。

そして、最後はデビュー曲「Energetic」で、メンバーたちはキレキレのパフォーマンスを披露。ラストにふさわしい大盛り上がりで、初日のステージを締めくくった。

エンディングは、この日の出演者が総出となって、ステージの隅々まで歩きながら客席に手を振り、別れを惜しみつつ、大盛況のうちに幕を閉じた。

取材:Korepo(KOREAREPORT INC)

写真提供 © COURTESY OF CJ E&M

(7ページに続く)

・Wanna One パク・ジフン&パク・ウジン出演の「バトルトリップ」5/5に放送予定…プロデューサーが裏話明かす

・【公式】Mnet「Wanna One Go」、シーズン3をローンチ=5月より放送スタート

・「Wanna One」、初のユニット曲含むスペシャルアルバム発売へ…ジコ&Heizeらとコラボ

・Wanna One、“オリコンチャート2位に感謝。次は1位になりたい”