世界的ヒップホップボーイズグループ BTS (防弾少年団) が応援する ユニセフ#ENDviolenceキャンペーン

2018.04.16

提供:Big Hit Entertainment

 

世界的ヒップホップボーイズグループ BTS (防弾少年団) が応援する ユニセフ#ENDviolenceキャンペーン

子ども、青少年に対する暴力の撲滅を目指す

 

【2018年4月16日 東京 発】
公益財団法人日本ユニセフ協会(東京都港区・赤松良子会長、以下「日本ユニセフ協会」)と、世界的ヒップホップボーイズグループ BTS (防弾少年団)(以下「BTS」)ならびにBTSが所属する韓国のBig Hit Entertainment社(以下、「BHE社」)の3者は、本日、ユニセフ(国連児童基金)が展開する、子ども及び青少年に対するあらゆる形態の暴力の撲滅のための世界的キャンペーン「#ENDviolence(暴力をなくそう)」の日本国内での普及と世界の子どもたちへの支援を呼びかけることを内容とするパートナーシップを締結しました。

この取り組みは、昨年11月より、BTSとBHE社がユニセフとのパートナーシップを通じて韓国で開始した「LOVE MYSELF (私自身をまず愛そう)」キャンペーンのグローバル展開の第1弾として、日本にて実施するものです。

本パートナーシップの下、日本ユニセフ協会は、BTSとBHE社の協力を得て、本日、特設WEBサイト< www.unicef.or.jp/endviolence/bts/>を公開。今月下旬BTSファンミーティング公演が開催される横浜アリーナと大阪城ホールにて特設ブースを設置し、ユニセフの活動と「LOVE MYSELF」キャンペーンを紹介するとともに、支援を呼びかけます。

「LOVE MYSELF」及び「#ENDviolence」キャンペーンの趣旨に賛同してくださる日本のみなさまに向け、日本ユニセフ協会の特設WEBサイトでは、都度の募金や毎月定額をご寄付いただけるユニセフ・マンスリーサポートプログラムへのご参加を呼びかけています。また、BTSとBHE社は今後、BTSの日本ツアー期間中に会場にて販売される「LOVE MYSELF」キャンペーンと関連した 商品や公式グッズ(Official Goods)の収益全額を、日本ユニセフ協会に寄付する予定です。

(2ページに続く)

・防弾少年団、EXO、NCTらK-POPグループ、「ビルボードソーシャル50」のTOP6を独占

・「PHOTO@金浦」防弾少年団が日本活動のために金浦空港から出発

・防弾少年団(BTS)、日本の新曲でビルボードの「ワールドデジタルソングセールスチャート」1位

・防弾少年団の目を見張る成果…日本アルバムで海外チャートランクイン