芸人「CulTwo」チョン・チャヌ、双極性障害の悪化とパニック障害で活動中断

2018.04.16

芸人「CulTwo」チョン・チャヌ、双極性障害の悪化とパニック障害で活動中断

韓国の男性タレント、チョン・チャヌ(50、CulTwo)がパニック障害を理由に活動中断を決断した。そんな中、彼が出演するすべての番組がチョン・チャヌの席を空けたまま進行していく旨を伝えた。

15日、チョン・チャヌはSBSパワーFM「2時の脱出CulTwo Show」を通して「体調が良くない」としてしばらく活動を中断すると発表した。

現在、チョン・チャヌが司会を務める番組は「CulTwo Show」、SBS「英才発掘団」、KBS2TV「アンニョンハセヨ」だ。SBS側は「後任なく『CulTwo Show』および『英才発掘団』を進行していく」と明かした。2番組は相方であるキム・テギュン(45)一人で進行する。

(2ページに続く)