「WINNER」、「人気歌謡」で1位…「TWICE」「EXO-CBX」らカムバック

2018.04.15

「WINNER」、「人気歌謡」で1位…「TWICE」「EXO-CBX」らカムバック

「WINNER」が「人気歌謡」で1位を獲得し、3冠を達成した。

「WINNER」は15日午後に放送されたSBS「人気歌謡」に出演。新曲「EVERYDAY」で1位に輝いた。

トレンディなスーツ姿で、「EVERYDAY」を披露し、余裕のあるステージマナーや、完璧なパフォーマンスでファンを魅了した「WINNER」。1位を獲得すると、「ヤン・ヒョンソク会長、事務所のスタッフに感謝している。INNER CIRCLE(WINNERのファン)もたくさん愛してくれてありがとう。これからもっと頑張って活動していく」と明かした。これで、「WINNER」は12日のMnet「M COUNTDOWN」、14日のMBC「ショー!K-POPの中心」に続き、3冠となった。

また、この日は「TWICE」、「SUPER JUNIOR」、「EXO-CBX」ら、韓国のトップアイドルが一挙にカムバック。「TWICE」は「What is love?」と「Say Yes」を披露した。

JYPエンターテインメントのパク・チニョン代表が作詞、作曲した「What is love?」は、愛を本やドラマで学んだ少女たちの好奇心や想像を描いたダンス曲。「TWICE」はポイント振付の“疑問符ダンス”を通じて、明るく弾けた魅力を発揮した。

「SUPER JUNIOR」も新曲「Lo Siento」で、「人気歌謡」を熱くした。同曲は、トロピカルリズムに中毒性のあるメロディが加わり、軽快さを醸し出すダンスホールポップジャンルのラテンポップ曲。メンバーのヒチョルとウニョクがラップの歌詞に参加した。

「EXO-CBX」は新曲「花曜日(Blooming Day)」を熱唱。9日から1週間、スペシャルリレー生放送「月火水木CBX」を行い、話題を集めている。「人気歌謡」で、洗練されたパフォーマンスを披露し、彼らの威厳を証明した。

ほかにも、「EXID」、ホ・ヨンセン、「UP10TION」、エリック・ナム、「宇宙少女」、「PENTAGON」、Samuelらが出演した。

 

WOW!korea提供