BIGBANG、WINNER、iKON…“YG三兄弟”の輝かしいさらなる飛躍

2018.04.14


YGエンターテインメントがいつにも増して輝かしい春を迎えた。今年に入ってiKONを筆頭にBIGBANG、WINNERが音源チャートを賑わせ、ロングヒットを見せている。

12日のGaonチャートによると、WINNERは2ndアルバム「EVERYD4Y」で14週続けてアルバム総合チャート1位、タイトル曲「EVERYDAY」もダウンロード総合1位を獲得している。

WINNERは今月4日にフルアルバム「EVERYD4Y」を発表し、熱い反応を得ている。タイトル曲「EVERYDAY」は全てのチャートで1位になるという“オールキル”を達成した。さらに他の収録曲や昨年4月に発売した「REALLY REALLY」まで好成績をあげているという。

今回のアルバムでWINNERは、全曲の作詞・作曲を手掛けていつも以上に真心を込めた。それだけでなくヒップホップ、アコースティック、ダンス、バラードと様々なジャンルに挑戦して音楽の幅広さを立証した。

iKONとBIGBANGは、月間チャート1位を獲得。iKONは「恋をした(LOVE SCENARIO)」で3月の月間チャートストリーミング総合1位になった。2月から2カ月連続で大衆に一番多く聞かれた曲となる。

iKONは今年1月25日に発表した2ndアルバム「Return」のタイトル曲「恋をした(LOVE SCENARIO)」でボーイズグループの歴史を塗り替えた。リアルタイム、デイリー、ウイークリー、マンスリーチャートを制覇したiKONは43日連続の1位を記録して、最近10年の中でアイドル最長期間を達成した。
(2ページにつづく)

 

  • “a-nation 2018”7/28(土)の三重公演にBIGBANGに続く第2のボーイズグループ”WINNER”、そしてオープニングアクトに同事務所所属の実力派女性シンガー”LEE HI(イ・ハイ)”の出演が決定!!
  • <トレンドブログ>「BIGBANG」スンリが経営するアオリラーメン・・・「ベンチャー認証」受ける。
  • WINNER&BIGBANG&iKON、YGの3グループがGAONチャートを席巻
  • “大御所”チョー・ヨンピル、「BIGBANG」「EXO」「BTS」を賞賛「人気が出るのは何かがあるということ」