「個別インタビュー」(後半)A.C.E、「THE UNIT」&「MIXNINE」の出演秘話を公開! 「競争相手ではなく応援し合っていたから、メンバーたちの活躍が誇らしかった」

2018.03.19

左からチャン(CHAN)、ドンフン(DONGHUN)、ジュン(JUN),ワウ(WOW),ジェイソン(JASON)

韓国で2017年5月に「CACTUS」でデビューし、メンバー全員が歌とダンスの実力を兼ね備えた実力派5人組ボーイズグループA.C.E(エイス)。
デビュー前から、路上パフォーマンス動画が話題となり、多くの関心を集め、デビュー後はシングルを2枚リリース。最近、同じ時期に放送されていたオーディション番組「THE UNIT」にリーダーのジュン(JUN)とチャン(CHAN)が、「MIXNINE」にはドンフン(DONGHUN)とワウ(WOW)、ジェイソン(JASON)が出演。特に、「THE UNIT」ではチャンが最終ランキング9位、「MIXNINE」ではジェイソンが4位、ドンフンが8位にランクインし、期間限定で活動するデビューグループメンバーに選ばれるほど、圧倒的な人気を見せた。


そんな彼らの転機となった「THE UNIT」、「MIXNINE」について、続くインタビューでは、ジュン&チャン、ドンフン&ワウ&ジェイソンに分けて話を聞いたほか、さらに彼らの知られざる人柄を探るべく、一問一答インタビューにも答えてもらった。

Q.では、さっき前半のインタビューでは、両サイドに座っていた「THE UNIT」チームのジュンさんとチャンさんですね。
ジュン&チャン:(日本語で)久しぶり~(と握手をする)。
Q.「THE UNIT」に出演し、一番大変だったことは何ですか?
ジュン:特に大変なことはなかったんですが、しいて挙げるなら、1つ1つのステージが終わるたびに、ランキングがつけられていったので、多少心理的な負担があったことですね。でも、毎回しっかり準備し、後悔のないステージをお見せすることができたと思います。
チャン:ジュン兄と一緒に出て、いいこともたくさんあったし、ミッションが終わるたびに、一緒に苦労したメンバーたちが去っていき、悲しい思い出もあったんですが、一番つらかったのは、ジュン兄とファイナルステージを一緒にできなかったことですね。一緒に苦労して頑張ったのに、それができない状況になったときが一番つらかったです。
Q.先輩Rainさんの印象はいかがでしたか?
ジュン:僕にとっては、中学生のとき、Rain先輩の「Rainism」を見て、すごく衝撃を受け、歌手になりたいと思った特別な方なので、実際にお会いしたときは夢みたいでした。僕たち後輩に、「いままで1位をたくさんとって、10年以上活動してきたいまでも、ステージの準備が完璧にできていないと、眠れない」という話をしてくれたんですよ。だから、そういう切実な思いで、ステージを準備してほしい、というアドバイスをいただき、改めて尊敬すべき先輩だなと思いました。
チャン:音楽界で素晴らしい、影響力もある方なので、初めてお会いしたときは、“あの方だ”って思ったし、その方の前でパフォーマンスをして、ジュン兄と合格したのが不思議でした。

(2ページにつづく)