「取材レポ」パク・ユチョン(JYJ)“除隊後初のファンミでファンとの絆をよ り強く!5月ホールツアーも発表!

2018.03.12

俳優で歌手のパク・ユチョン(JYJ)が 3 月 10 日(土)、3 月 11 日(日)の両日、 東京・武蔵野の森総合スポーツプラザ メインアリーナにて開催された除隊後初 となるファンミーティング「2018 PARK YUCHUN FANMEETING & MINI CONCERT IN JAPAN ‘再会 remember the memories’」で日本のファンと 再会した。

約 3 年振りとなる日本でのイベントということで、ユチョンはファンミーティ ングとミニコンサートを準備し、集まったファンを魅了した。

公演初日同様、11 日(日)もユチョンとの“再会”を待ちわびたファンが全国 各地、さらに海外から会場に集結した。

会場が暗転すると、ステージ中央のスクリーンにはユチョンが心情を綴った手 紙が映し出され、場内には手紙を真摯に朗読するユチョンの声が広がった。

冒頭からユチョンの思いをしっかりと受け止め、会場をペンライトで真っ赤に 染めるファンたち。

ステージ中央の扉からユチョンが登場すると大歓声が沸き上がった。 ブラックのインナーとパンツにネイビーのジャケットを合わせた装いのユチョ ンは 秦基博の「ひまわりの約束」を感情込めて歌い上げ、オープニングを飾ると、 間奏では「今日は泣かないよ」とユチョン。

時折、手を振り、ファンの声援に応えながら「消せない思い」、「抱きしめて」 を韓国語で熱唱。 久しぶりに聴くユチョンの生歌にじっと聴き入るファンたち。

ユチョンは3曲歌い終えると「着替えてきます」と声をかけて、一旦退場。

3 年前の入隊前のファンミツアーのあいさつやその時の様子がクリーンに映し だされ、会場が当時の思い出に浸っているとMCのYumiが登場。

Yumiのリードで会場全体が声を揃えて「おかえり、ユチョン!」と呼び込むと 先ほどとは一変、ブルーのニットとデニムに白いスニーカーというカジュアル スタイルのユチョンが「ただいま!」とステージに。

(2ページに続く)

  • パク・ユチョン(JYJ)除隊後初のファンミーティング&ミニコンサート「2018 PARK YUCHUN FANMEETING & MINI CONCERT IN JAPAN‘再会 remember the memories’」東京にて開催決定!
  • ユチョン(JYJ)、日本でのファンミーティングを控え近況公開!
  • “活動再開”ユチョン(JYJ)、久々に近況報告「ファンの応援に力づけられている」
  • JYJユチョン、3月に日本でファンミ開催…除隊後初の公式日程