「インタビュー」「覆面歌王」Nine9、「“親友”ジョンヒョン(SHINee)失い、ほぼ自宅で静かに過ごしていた」

2018.03.12

「覆面歌王」Nine9、「“親友”ジョンヒョン(SHINee)失い、ほぼ自宅で静かに過ごしていた」

韓国のグループ「Dear Cloud」Nine9(ナイン、34)が「覆面歌王」に出演し、中性的な声で魅了した。昨年、親友ジョンヒョン(SHINee、享年27)を失い、彷徨の時間を過ごしたNine9は「覆面歌王」を通して、音楽が持つ治癒力をもらい、再び起き上がることができた。

Nine9は12日、韓国メディアの取材に応じた。
以下はNine9との質疑応答。

Q.この間、どう過ごしていたか。
毎年恒例の「Dear Cloud」の冬コンサートが終わってからは、ほとんど自宅で静かに過ごしていました。「覆面歌王」の準備期間を除いては、今年の記憶がまったくありません。自宅で夢見る時間が最も好きな時間でした。

Q.「覆面歌王」出演の背景は。
オファーは昨年の初めに話があったのですが、アルバム準備で延期してきました。昨年末にアルバムが出て、1月ごろ出演するお話でしたが、あの出来事(ジョンヒョンの死)があって再び見送りました。少し前に、出演できるかと連絡が来て、悩んだ末に決心しました。つらかったら出なくても大丈夫と配慮してくださった制作スタッフとメンバーにありがとうよ伝えたいです。

(2ページに続く)

  • 故ジョンヒョン(SHINee)が遺書を託した女性アーティストNine9(Dear Cloud)とは
  • 【全文】「SHINee」ジョンヒョン、NINE9を通じて遺書公開 「お疲れさまと言ってほしい」
  • 故ジョンヒョンの遺書公開したNine9側「公演数日前に遺書が届いた。最後の連絡は死去当日」
  • 女優チョン・ユミ、ラジオ番組で故ジョンヒョン(SHINee)作詞・作曲の曲を選曲