大鐘賞映画祭、百想芸術大賞、青龍映画賞など今年の韓国映画賞を席巻!530万人動員の大ヒット作!『ザ・キング』チョ・インソン、チョン・ウソンらが作品への思いを語るインタビュー含むメイキング映像解禁!

2018.03.10

© 2017NEXT ENTERTAINMENT WORLD & WOOJOO FILM All Rights Reserved.

 

“やられたら、やり返す!それが政治理念だ!”をモットーに1%の成功者になるため翻弄される若き検事の成り上がりの人生を描き、そのセンセーショナルな内容が話題を呼んで、韓国で観客動員530万人をこえる大ヒットを記録した『ザ・キング』(配給:ツイン)が、ついに3月10日(土)よりシネマート新宿ほかにて公開となりました!
この度、本作の主人公で新人検事パク・テスを演じたチョ・インソン、絶対的権力者の検事部長ガンシクを演じたチョン・ウソン、さらにハン・ジェリム監督が本作への思いやこだわりを語るインタビュー含むメイキング映像が解禁となりました!

本作は1980年から2010年にわたる激動の韓国現代史を背景に、国家という巨大ピラミッドに蔓延する理不尽なパワハラや大統領選挙の裏で活発化するスリリングな駆け引きを実話さながらに描きあげたスタイリッシュなクライム・エンタテインメント。『観相師~かんそうし~』で韓国900万人動員を果たしたハン・ジェリム監督が、歴代の大統領選の裏に蠢く金と権力のために動いた検事たちの物語は、情報操作やイメージ戦略、時にはヤクザさえも利用し、まさに悪のバイブルかのごとき、政治の非道さを描き出す。

本作で8年ぶりのスクリーン復帰となるチョ・インソンは、今回解禁となった、メイキング映像の中で、「痛快で愉快 それでいて陳腐にならないように」と語り、撮影現場でも時に弾け、時に苦悩する姿をみせる。さらにチョン・ウソンは「シナリオの魅力 そして監督」と本作の魅力を断言。韓国映画にかかせない名バイプレーヤーで、本作で権力に絶対服従する先輩検事を演じたぺ・ソンウも「過去最高に面白い台本」と絶賛する。これを受けて、自ら脚本も執筆したハン・ジェリム監督は「シナリオを書きながら政治部、検察、記者、警察関連の本を洗いました。映画的な仕掛けを通して、観客が鑑賞後に社会の問題点や現実を見つめる、そんな映画にしたかった」と、そのこだわりを熱く語る。 さらに70年代に使われていた古いレンズとそれに似たアネモルフィックレンズも使い、時代感を出すなど、撮影、ロケーション、美術などのこだわりには、「時空旅行をする気分」(チョ・インソン)、「現実を風刺するために極大化された要素」(チョン・ウソン)と俳優陣たちも納得の様子だ。

「純粋に王になりたい男の話でもある」とハン・ジェリム監督が語る本作は、赤裸々に権力の不条理を訴え、大衆から絶大な支持と共感を得て「第53回百想芸術大賞」では新人男優賞(リュ・ジュンヨル)など2部門を受賞するなど韓国映画賞レースを席巻!まさに“やられたら、やり返す!”の男たちの闘いの行方を、どうぞお見逃しなく。

(2ページに続く)