Ara&INFINITE エルら、新ドラマ「ミス・ハンムラビ」台本読み合わせに参加

2018.02.12

写真=STUDIO&NEW

 

JTBC新月火ドラマ「ミス・ハンムラビ」が初の台本読み合わせから、隙のない完璧なケミ(ケミストリー、相手との相性)でこれまでとは違う法廷ドラマの誕生を予告した。

「ミス・ハンムラビ」は「強者に強く、弱者に弱い法廷」を夢見る、理想主義の熱血初任判事パク・チャオルム、生半可な善意より原理原則が最優先である超エリート判事イム・バルン、世の中の重きを知っている現実主義の部長判事ハン・セサン、あまりにも異なる三人の裁判官が繰り広げる法廷ドラマだ。

先月16日に行われた台本読み合わせ現場には、クァク・ジョンファン監督、ムン・ユソク判事をはじめとし、Ara、INFINITEのエル(キム・ミョンス)、リュ・ドクファン、イエリヤ、キム・ヨンオク、イ・ウォンジョン、コ・インボム、パク・スンチョン、イ・チョルミンなどが集まった。

開始に先立ち、ムン・ユソク判事は「『ミス・ハンムラビ』は素朴であるが、自分が立つ場では世の中を変えようとする人々の話である」と定義し「文字が一人立ちしてゆらゆらと生きて動くようにする魔法を使ってくれる本当の作家はここにいらっしゃる皆さんだ。ドキドキする思いで見守りたい」と話した。

(2ページに続く)

 

女優Ara&INFINITEエル、ビジュアルカップルの誕生日記念ショット

「憎くても愛してる」INFINITE ソンヨル&ピョ・イェジン、ソン・オクスクの遺言状を探しに

INFINITEの弟分、待望の日本初上陸!「Golden Child 2018 1st Japan Fanmeeting “奇跡”」開催決定

「INFINITE」ソンギュ、演劇「アマデウス」合流へ