iKON BOBBY、ステージとは違った正反対の魅力を大放出

2018.02.09

「セモバン:世界のすべての放送」でiKONのBOBBYがステージの上でカリスマあふれるラッパーとしての姿とは正反対の魅力で釜山(プサン)の乗客を完ぺきに捉える予定だ。彼は「どこまで行きますか?」に初出演したにもかかわらず、恥ずかしがることなく釜山(プサン)の乗客らと息を合わせたと伝えられて期待を集める。

今月10日に放送されるMBC「セモバン:世界のすべての放送」は釜山(プサン)バスと「どこまで行きますか?」の共同プロジェクトを行う。

公開された写真には「どこまで行きますか?」釜山(プサン)編に出演して市民らと親しく挨拶を交わすBOBBYの姿が写されている。女心を溶かす魅力的な微笑みで視線を引き付ける彼は、ステージの上での姿とは180度異なる魅力を発散させた。

制作スタッフによればBOBBYは直接日本の乗客の宿を探してあげたり、もうすぐ誕生日だと聞くと即席でバースデーソングを歌うなどフルサービスを披露した。センスあふれる行動で日本の乗客の心をとらえた彼は、バスで偶然に自身の姿を見て涙を流すiKONの熱狂ファンを見て、感謝の気持ちを表したりもした。
(2ページにつづく)

 

ホン・ジンヨン、iKON BOBBYの腹筋を目撃し”目がクラクラ”

iKON BOBBY、「無限に挑戦」への出演に大喜び!

iKON BOBBY、音楽バラエティ「覆面歌王」に出演 … スワッグの魅力爆発

iKON BOBBY、“びりにならないようにおしゃれした”「無限に挑戦」