「インタビュー」チョ・ジョンソク「2018年は変身の年に…恐ろしいスリラーに挑戦してみたい」

2018.02.05

写真=文化倉庫

 

「ドラマ『トゥー・カップス』が終わってとてもすっきりしました、ハハ。一人二役を演じたので、分量がとても多くて体力的にもとても大変でした。3ヶ月間、一日3~4時間しか寝れずに撮影しながら点滴を打ち、拱辰丹(コンジンダン:高価薬材を厳選して調剤された最上級韓方薬)も2回飲みました」

チョ・ジョンソクは2016年「嫉妬の化身~恋の嵐は接近中!~」以降、2年ぶりに復帰作としてMBC「トゥー・カップス」を選んだ。ドラマの中で刑事チャ・ドンタクと詐欺師コン・スチャン役を演じ、デビュー後初めて一人二役を演出した。性格が極と極であるキャラクターを行き交い‟ワンマンショー”と呼ばれるほど、印象的な活躍を繰り広げた。しかし、俳優としてどうしようもない残念さが残ったという。

「ドラマで僕の演技を見た時、とても残念でした。演劇やミュージカルは公演をする前に準備する期間が十分にあって、映画も撮影前や撮影しながら時間がたくさん与えられる方です。でもドラマは準備時間も比較的に不足していて、撮影時間も差し迫っているので一番残念に感じます」

(2ページに続く)