「取材レポ」韓国発ミュージカル「マイ・バケットリスト」制作発表会にヨンソク(CROSS GENE)、テウン(SNUPER)らが登壇! キム・ナムホの涙にミンス&インジュンがもらい泣きの感動会見に!

2018.02.01

ミンス、キム・ヨンソク(CROSS GENE)、キム・ナムホ、インジュン、テウン(SNUPER)

命の美しさと尊さを描く韓国発ヒューマン・コメディ・バディミュージカル「マイ・バケットリスト」の制作発表会が2月1日(木)、都内にて行われた。

同作は、人生のどん底を彷徨っていた不良少年カングと余命宣告を受けた少年ヘギが偶然出会い、バケットリスト(死ぬまでに絶対にしたい100のこと)を実行する「プラシーボ・プロジェクト」を共に行いながら人生の意味に気づいていく過程を幻想的なナンバーにのせて描いた韓国オリジナルミュージカル。

2014年に韓国の新たな演劇が生まれる場所と言われる大学路(テハンノ)で初演された後、2015年、2016年に再演、2017年に日本で初上演されたが、このたび2月20日(火)から、東京・新宿シアターモリエールにて、初の日本語公演が上演される。

制作発表会には、カング役をトリプルキャストで演じるキム・ヨンソク(CROSS GENE)、ミンス、キム・ナムホ、ヘギ役をWキャストで演じるテウン(SNUPER)とインジュンの全キャスト、パフォーマンス集団PaniCrewのメンバーでもあり、今回演出を手掛ける中野智行が参加。

まずはフォトセッションから行われたが、出演者5人がカメラマンからハートポーズをリクエストされ、2人1組でハート型を作り始めたため、端にいたミンスが1人ぼっちになってしまい、戸惑っているのを他の4人が面白がってワチャワチャするなど、すでにチームワークはバッチリ。

和気あいあいとした雰囲気で、質疑応答に入った。まずは、1人ずつあいさつ。「僕1人だけがアイドルじゃなくて、残念ですけど(笑)。本当に頑張っているキム・ナムホです」、「頑張って稽古しています。完ぺきな姿を見せていきたいなと思います。インジュンです」、「日本で初めてのミュージカルですけど、本気で頑張ります」とヨンソク。「僕も日本で初めてのミュージカルだから、いま一生懸命練習しているテウンです」、「僕も(ミュージカルは)初めてなんですけど、素晴らしい人たちとやっているんで、ぜひ皆さんも期待して見てください。頑張ります」とミンス。

(2ページに続く)