「インタビュー」元INFINITE ホヤ「全て失ってもいいという覚悟で、これからは思うように生きる」

2018.02.01

INFINITE出身のホヤ(本名:イ・ホウォン)が「思うように生きるのではなく、生きるままに考えている」ことに気づいたのは昨年初めのことだった。アメリカ・LAに旅行に行ったイ・ホウォンは、他人の目を気にせず笑って楽しむ人々の姿を見ながら、自分をあまりにも閉じ込めて過ごしてきた過去の日々を振り返った。“他人”よりも“自分”をまず考えることにした。

昨年6月、イ・ホウォンは2010年から身を置いてきたグループINFINITEから脱退した。ダンスと歌が好きで高校を中退して以降、もう一度簡単ではない選択をした。恐ろしくもあり、負担にもなったが、思うように生きる第一歩なので耐えることができたという。2018年、イ・ホウォンは最後まで諦めることができなかった2つのことをするつもりだ。自身が作詞・作曲し、振り付けまで完成させた音楽を発表する計画だ。ファンたちと出会う場もたくさん作るという。“失ってもいい”という切実さがイ・ホウォンを再び輝かせた。

 

Q. MBC月火ドラマ「トゥー・カップス」にミュージカル「砂時計」まで、とても忙しく過ごされていましたね?

イ・ホウォン:忙しいほうだと思います(笑)。ミュージカルは初めてなのでよりそう感じるのかもしれないですが。他の人たちは余裕で演じられてますが、やはり僕はより緊張します。公演の前日には寝つけずに、寝ようと努力したり。ドラマの撮影で寝れない時があるけれど、そういう時にはあまり話さないようにしています。車の中でも一言も喋らずに。もしかしたら体調が悪くなって、ステージの上で失敗したらと思うと注意深くなります。家のバスルームに温かいお湯を流しておいて、タオル数枚を熱いお湯で絞ってかけて置いたり。今までしていなかったことを沢山するようになりました。

(2ページに続く)

 

<トレンドブログ>「INFINITE」出身のイ・ホウォン(ホヤ)、グループ時代は“操り人形のようだった”

<トレンドブログ>6人組となって再出発を切った「INFINITE」、脱退したホヤに言及!

INFINITEウヒョン、愛情のこもった寂しさを示す…“ホヤ、連絡しろ”

INFINITE、“ホヤの脱退は残念だが、尊重したい”