「コラム」韓国ではなぜ妻が夫を「オッパ(兄さん)」と呼ぶのか?

2018.01.08

キム・ユジョンもパク・ボゴムのことを普段は「オッパ」と呼ぶはずだ(写真=韓国KBS『雲が描いた月明り』公式サイトより)

 

日本でなら結婚したばかりの妻が、夫のことを「兄さん」と呼ぶことはまずないであろう。しかし、韓国になると事情が変わってくる。年下の妻は、年上の夫のことを「オッパ(兄さん)」と呼ぶ場合が多い。これはなぜなのか。

 

「オッパ」と「オンニ」の違い
「長幼の序」が厳しい韓国においては、人を呼ぶときの呼称でも年齢差による違いが鮮明にある。
たとえば、男性の場合なら年上の男性のことを「ヒョンニム」、年上の女性のことを「ヌナ」と呼ぶ。女性であれば、年上の男性のことを「オッパ」、年上の女性のことを「オンニ」と呼ぶ。
韓国で食堂に入ったら、あちらこちらから「オッパ」「オンニ」「ヒョンニム」「ヌナ」という掛け声が聞こえてくる。

特に女性の場合は、親しみを込めて「オッパ」や「オンニ」と大きな声で呼んだりすることが多い。
そういうことが日常茶飯事であるがゆえに、夫婦になってからも妻が年上の夫のことを「オッパ」と呼んだりする。
これは、韓国ドラマを見ていてもよくわかる。結婚すると配偶者のことを「タンシン(あなた)」と呼ぶのが本来は常識的なのだが、ドラマのヒロインはそういう堅苦しい言葉よりも親しみを込めて「オッパ」と呼んでしまう。(ページ2に続く)