「プロデュース101」出身チャン・ムンボク、防弾少年団 Vとの出会いを告白“学校のトイレで会って…”

2018.01.02

写真=SBSパワーFM

 

「プロデュース101」シーズン2出身のチャン・ムンボクが、SBSパワーFM「チェ・ファジョンのパワータイム」に出演して、防弾少年団のVと初めて会った話を聞かせた。

チャン・ムンボクは本日(2日)韓国で放送された「チェ・ファジョンのパワータイム」に「プロデュース101」シーズン2出身のソン・ヒョヌ、KARD チョン・ソミンと共に出演した。チャン・ムンボクは「Vと高校の同級生だと聞いた」という話に「同じ大邱(テグ)出身だ」と口を開いた。

続いて「クラスは違ったが、トイレで初めて会った。当時、僕が『SUPER STAR K2』に出演して、反応があった時期だった」として「トイレで会ったVが僕に近づいて来て『番組に出てたのを見たよ』と応援してくれた」と、Vとのエピソードを公開した。

彼は「その後Vは、1年生の1学期まで同じ学校に通ったけど転校して行った」として「共に活動する時は、一緒にご飯も食べて親しい仲を続けてきた」と明らかにした。

元記事配信日時 : 2018年01月02日13時41分 記者 : キム・ヘインインターン、翻訳 : 浅野わかな

 

10asia+Star JAPAN

 

防弾少年団RMにスジら、2018年歌謡界をリードする1994年生まれのスターたち

「防弾少年団」、「MIC Drop」MVが1億回突破…韓国歌手最多記録

防弾少年団、米ABC新年ショー「New Year’s Rockin Eve」に出演

「2017 MBC歌謡大祭典」防弾少年団、ハートでファンへの愛情をアピール