「取材レポ」iKON、初のクリスマスライブで趣向を凝らした演出が続々! キュートな“サンタガール”に扮したメンバーは?

2017.12.15

2017年は2月からアリーナツアー、5月から初のドームツアー、9月からそのドームツアーの追加公演と全国各地で公演を重ねてきたiKONが、12月9日(土)と10日(日)横浜アリーナにて、今年最後のライブとなる「iKON X'mas LIVE 2017」を開催。自身初のクリスマスライブ、しかもセンターステージの360度客席というスタイルで行われたが、ライブを重ねることで、実力を磨き上げてき彼ららしい“楽しませ方”で、クリスマス気分を盛り上げた。

初日となる9日、360度見渡せるセンターステージから、きらびやかな赤のジャケットを羽織って登場したメンバーたち。「B-DAY」でスタートし、人気曲「WHAT'S WRONG?」「SINOSIJAK REMIX」では、メンバーたちを乗せて移動する「フライングステージ」でいきなりファンに近づくなど、会場に集まった1万5000人の熱気はオープニングから最高潮に達した。

「『iKON X'mas LIVE 2017』へようこそ。リーダーのB.Iです。メリークリスマス!」「戻ってきました横浜。iKONの長男ジナン(JAYの本名)です。きょうも最後まで遊ぼうよ~」「iKONのDKです。きょうも一緒に遊ぼうよ~」「iKONの可愛い末っ子チャヌ(CHANの本名)です。きょうのステージは本当に特別です。ここにいる皆さん全員に会いに行きますので、ちょっと待っていてください」「桜木花道になったJU-NEだよ。最後まで遊ぼうよ~」「iKONの爽やか男ユニョン(SONGの本名)だよ。クリスマスだからテンションMAXで最後まで行きましょう!」とそれぞれあいさつし、最後はBOBBYが「アンニョンハセヨ~。クリスマスライブだから、普段よりもっと楽しい時間になってほしいです。準備いいですか?」と客席をあおり、ここからユニットステージへ。

JAYが「サンタクロースじゃなくて、iKONが来ました!“iKON is coming to town♪”」と曲紹介し、絶妙なラップの掛け合いで「ANTHEM」を披露したB.IとBOBBYは、2人きりでMCタイムへ。JAYやJU-NEといった日本語が得意なメンバーがいない中、「何をしたらいいか問題」と苦笑いしながらも、B.Iが韓国語で話したことをBOBBYが日本語に通訳するというスタイルで、どうにかトークを展開。ボーカルラインの準備が整い、再びライブステージへ。

(2ページに続く)

大型新人iKON(アイコン)、初となるセンターステージライブ『iKON X’mas LIVE 2017』を発表!

iKON出演のバラエティ番組『校則違反修学旅行』11月4日(土)より放送開始!日本人タレントとの初共演に注目!!

iKON(アイコン)のラッパーBOBBY(バビー)初ソロアルバムより日本オリジナルのミュージックビデオ公開!

「イベントレポ」BIGBANGの系譜を継ぐ大型新人iKON(アイコン)、 2年連続出演となる国内最大級フェス a-nationで4万5,000人熱狂!