「取材レポ」MYNAME チェジン“22歳は大人らしくなって、みなさんに良いところだけ見せたいです!”バースデーファンミ「さよなら21さい、22歳だぞ、よし!」開催!

2017.12.14

日本でも人気の5人組アイドルグループMYNAMEの末っ子メンバーであるチェジンが、12月11日(月)東京・原宿アストロホールにて、バースデーファンミーティング「さよなら21さい、22歳だぞ、よし!」を開催した。

1部では、チェジンが出演した音楽劇「さよならヨールプッキ」で共演した、藤重政孝が進行をする中、白のシャツと黒のパンツでシックに決めたチェジンがステージに登場。3ヶ月ぶりに会ったという2人は、再会のハグをし、笑顔を見せた。チェジンは藤重のことを「僕より緊張してた」と笑いながら明かし、仲の良さを感じさせるなど、アットホームな雰囲気の中、早速、1曲目のステージへ。音楽が始まるとチェジンは表情を一変、ソロ曲「僕の心に」を、切なく歌い上げた。同曲はメンバーのコヌが作曲した曲であるが、曲を作る際はコヌからどんな曲をやりたいのか聞かれ、どんな雰囲気、どんなスタイルが良いなどとチェジンが答えていくとし、スケジュール後やリハーサルの合間などを使い、50回くらいは話し合ったと曲作りの秘話も披露した。

今回バースデーファンミということで、ここでバースデーソングが流れ出し、ステージにはケーキが登場。ファンはメッセージの書かれたスローガンでお祝いの気持ちを伝えた。
12月26日に22歳になるチェジンは、「正直言うとまだ若いと思いますけど、まだ活動する時間がいっぱいあるから、もっと成長して、いっぱい魅力を見せたいです。22歳は大人らしくなって、実力を上げたいです。いろんなことをやってみたいし、みなさんに良いところだけ見せたいです!」と抱負を語った。(2ページに続く)